昨日の3人、野口五郎、西城秀樹、郷ひろみを数秘術でみましたが、大事な事を書き忘れました。

ライフフローチャート(人生周期…はづき数秘術で1番大事)でみると、3人とも今は既に使命期に入っています。

はづき数秘術では人生を3つの周期(宿命期、運命期、使命期)で分類し、使命期は使命数から見ます。

使命数とは今生の人生で挑戦すべき努力目標のようなものです。

苦手分野だったりします。

郷ひろみの使命数は1で、自らの人生にリーダーシップを発揮し、責任をもつとされています。

今はその使命期、第7ステージの人生の見直しのライフサイクル2の協調にあたります。

彼は10月から3の創造に入りますから益々クリエイティブな活動で自分らしさを極めていくんじゃ

ないでしょうか。

野口五郎の使命数は7です。やはり第7ステージですが9の完成の時期にいます。

もうすぐ第8ステージの人生の収穫期、充実期に向けて新たな展開にをし入って行くんでしょうね。

そして西城秀樹・・・彼は第8ステージに入ってまもなく5月16日に亡くなりました。

1の発展で新たなスタートの年でもありました。

彼の使命数は8でした。困難に屈せず成功を周囲と分かち合うとなっています。

もうすでに使命は果たされたと思います。

人生の後半期は何度も脳梗塞を患いご本人も苦しまれたこと、それでも壮絶なリハビリをされて

ファンの前に立ち続けたこと。素晴らしい家族に恵まれたこと。

西城秀樹はスターの姿だけでなく色んな姿を見せてくれました。

本当に強い魂だったんだなと思わずにいられません。

短いけれど、寿命と役割を果たされて新たなステージに旅立たれんだと思います。

西城秀樹さんのご冥福をお祈りいたします。

 

0

コメントを残す