ブログ

 

 

仙台の「はづき数秘術特別認定講師のRyoko」です。

今は新緑が美しい季節ですが、今年は格別に美しく感じます。(これは人間の経済活動の制限によるためでしょうか)

しばらくコロナウイルスの自粛と母の圧迫骨折で、ほとんど大崎の実家におりましたが宮城でも感染者数ゼロの日が続き、日本の感染数も激減してきたようで自粛解除に向いているようです。

母の圧迫骨折もほぼ痛みが消え、以前のように歩くことができるようになりました。(母は今年6月で90歳なので驚異的!)

先日やっと仙台のマンションに戻りましたが、自粛期間中は家族4人の家事と家庭菜園作りと庭の花植えや草むしりに明け暮れていました。お仕事すっかり忘れ状態(。´・ω・)? 数秘で言う宿命数6運命数33、その上「かに座」の私にはこの生活はまったく快適なのです。

下手をすれば自粛という大義名分で家族の世話ができる!というくらい社会のことに無頓着になって、人と繋がることを忘れてしまいがちなので、徐々にこのご時世に慣れながらウィズコロナの社会生活を取り戻そうと思います。

スピリチャルの世界や、現実的な世界を見回しても、「ニュースタイル」とか、もう以前の生活には戻らないと多くの人達が言っています。実際今回のコロナウイルスがはじまってからはテレビを見ることに辟易し、私も殆どスマホでネットかYouTubeを見ていますです。(YouTubeにはしっかり嵌ってます。)

ここ数年あたりからメディアで色々な事が次から次へと明るみにでます。しかも今は「テレビ」や「新聞」の表面的でセンセーショナルな報道の裏側までネットで知ることができるようになりましたが、それさえ鵜吞みにできません。この世界には裏の裏の又裏があるということが見えてきました!(メディアそのものが闇?だった(?_?)

そして、あたりまえですが情報は受け取り手の視点や立場によって変わりますから❕

この情報過多の時代は何が真実なのかというより、情報に惑わされないで心を平穏に保つことが大切だとつくづく思います。

情報過多の時は昔からの不変の言い伝えや教えなどがとてもためになります。

つい心がざわざわする情報などを見てしまいがちですが、今年から数年は数秘学的にも、西洋占星術や九星気学などの占いでも特別な時で急激な社会の変化で価値観の大変換がおきると言われています。これらの占いは根底では不思議に一致しているのです。

 

先ずは足元の自分の生活を大切に心がけ、自分自身に関する情報をきちんと取り入れることをお勧めします。

今何千年ごと、何百年ごと、何十年ごとに起きてくる大規模災害や感染症、そのたびごとに歴史は大きく変化しました。この世的に考えると苦しいことですが、人類にとって必要なことが起きてくるともいわれています。起きてくることに、どう対処、対応していくかのみですね。

お知らせ

あなたもご一緒に数秘のプロになりませんか💛

6月は一旦「はづき数秘術」の入門講座、カウンセリング、マスターコース、認定講師の講座を対面で開催いたします。!

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)