ブログ

イメージ的にあまり良く思われていない数字があります。

とかとか13とかですが、数秘術からみるとまったく違うものになります。

 

日本では4は「し」とも読めるので死を連想させたり、9は苦という字に繋がるように捉えたりします。

西洋で13は、キリスト教においてサタンを13番目の天使といわれていたり、裏切り者のユダが最後の晩餐で

13番目の席であったとかで忌み嫌われ、映画でも「13日の金曜日」などネガティブなイメージしかありませ

ん。

以前は私もなんとなくそんなイメージを無意識に感じてました。

今は数字に良い悪いは無いと理解していますし、特にという数字などは大好きな数字です。

というのは「安定、土台、固定、基礎」などを象徴する数字でとても堅い数字です。

宿命数や運命数に4を持っている人はとても真面目できちんとした人、向上心のある人が多いようです。

有名人ではタモリさんやビートたけしさん、小栗旬さんや堂本剛さんなどです。

 

という数字は1~9の最後をつとめる数字で知恵の象徴を意味し、完結完成、調和を表します。

宿命数や運命数に9を持っている人は穏やかで優等生的な人、理想主義的な人達です。

有名人でいうとオノ・ヨーコさん江原啓之さん仲居正広さん北川景子さんなども運命数9の人達です。

 

 

最後に13はトランプのキング(王様)につかわれているように実はとてもパワーのある数字といわれ、

権力者にとっては支配など表す重要な数字なので、このパワーを一般の人達に気づかれないようにわざと

忌み数としてネガティブキャンペーンをしたとされています。

またマヤ暦などでは崇高な数字として扱われているそうです。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)